債務整理 やり方

債務整理のやり方

 

債務整理を行うのは、あなたが思っているほど難しくありません

 

 

返済に行き詰ってしまった借金の債務整理のやり方がわからなくて、なかなか債務整理に踏み込めないというあなたに、債務整理のやり方についてご紹介しています。

 

債務整理を行うにあたって、まずは、債務整理を行ってもらう弁護士、または司法書士に依頼するところから始めなくてはなりません。

 

とはいえ、いきなり「債務整理をお願いします!」と駆け込むのもちょっといただけません。その取り掛かりとして一番お勧めなのが借金相談窓口を利用する方法です。

 

あなたの借金の現状を伝え、その内容でどのような債務整理が可能か?また、どのようにすればあなたの借金がスムーズに解決するかの相談が受けられるのが借金相談窓口です。

 

弁護士や司法書士の事務所が行ってくれる無料相談です。しかしそういったお堅い仕事をしている人はちょっと苦手という人も、まずは債務相談を受けてみてください。

 

弁護士や司法書士は貴方が思っているような怖い人ではありません。親身にあなたの借金の悩みに応えてくれ、債務整理をどのように行っていくかの提案もしてくれるので、安心して債務整理のスタートが切れると思います。

 

その提案された方法にあなたが納得できれば、そのまま債務整理の依頼も行えるので、非常にスピーディーに事は運びます。

 

もちろん相談したからといって、その弁護士事務所や司法書士事務所に債務整理を委任しなければならないということはありませんので安心してください。

 

 

債務整理のよくある心配事・・。でも実際は?

 

債務整理(特に任意整理)は、だれにも知られずに借金を整理することも可能です。

 

弁護士費用は分割で支払いできるので、今お金がなくても大丈夫です。
※ほとんどの法律事務所が、初期費用なしで債務整理をスタートすることできます。

 

ギャンブルでの借金でも、債務整理は行えます。
※自己破産は除く。

 

債務整理が2度目でも大丈夫。

 

債務整理することについてサラ金は、法律上あなたに対して直接文句を言うことができないので安心してください。

 

そして、債務整理をすれば・・

 

 

債務整理を依頼すれば、すぐに督促や取立てはぴたりと止まります。返済も一時的にストップします。

 

そして何よりも、借金のなかったころの生活に戻ることができます。

 

 

もし、あなたが借金に行き詰っていたら、まずは専門家に相談するところから始めましょう。

 

専門家はあなたの味方です。余計なことをあれこれ言われることもなく、ビジネスライクに接してくれるので何も心配することはありません。

 

また、借金の話を聞いてもらうだけでも、かなりストレスから解放され、借金の解決が近づいた感じを覚えるものです。

 

サラ金で、ハラハラしながら貸し付けの可否を待つよりも、思い切って専門家に債務整理の依頼をしてしみましょう。

 

きっと、「えっ?これならもっと早く相談すればよかった」というほど、ハードルは高いものではありません。

 

 

匿名でも弁護士や司法書士に債務相談ができる?

 

 

私も債務整理の経験者

 

実は私も債務整理の経験者です・・

 

私の場合は8社から580万の借り入れをしていていました。
さすがに平凡なサラリーマンが返済できる金額をはるかに超え、債務整理をせざるを得ませんでした。

 

私が行った債務整理は任意整理という方法で、利子をすべてなくしてもらい、借り入れの元本だけ返済していくという債務整理です。

 

私のやらかした借金は580万とかなり高額だったので、利子だけの免除ではかなり厳しかったのですが、過払い金の返還が100万くらいあったので、どうにか任意整理で無事に清算することができました。

 

任意整理は、過払い金がない場合には大きな減額もなく、利子の免除だけなので、大きな借金には向きませんが、「任意」というだけあって、他の債務整理よりも、非常に簡略的な手続きで行えることが魅力です。

 

もし、私のように過払い金がある場合には、裁判所を介すことも、わずらわしい手続きもない任意整理はおすすめです。

 

利子がないだけでも、元金が減っていくスピード感は快感すら覚えるほどですよ。

 

 

債務整理の方法

 

債務整理の方法は、任意整理以外にもいくつかあります。

 

例えば、民事再生なら、任意整理よりはるかに大きな減額が望めます。

 

任意整理では、過払い金が発生していない場合には、利息の支払いが免除されるだけですが、民事再生では、最大1/5程度までの減額が可能となります。

 

ただしその分、任意で行う任意整理と比べると、裁判所を介することをはじめ、いくつかの条件をクリアしなければなりません。

 

それでも、条件がクリアできれば大きな減額が見込めるので、その後の返済は非常に楽なものになります。

 

 

そのほかにも、どれだけ減額してもらっても返済が不能という場合には、自己破産という最終手段もあります。

 

いずれにしても、宝くじでも当たらない限り、最終的に借金地獄からあなたを救い出してくれるのは、弁護士や司法書士といった専門家だけです。

 

いずれ力を借りなくてはならないなら、これ以上深みにはまる前に専門家に債務整理を依頼して、一日でも早く借金問題を解決してしまいましょう。

 

 

借金無料シミュレーション

 

債務整理で人生をリセット

 

「使い道自由」などとうたい文句にしてるサラ金・・

 

いえ、最近では大手の銀行カードのCMですらそんな表現でカードホルダーの拡販を行っています。

 

しかしその響きの心地よさで始めてしまった借金で地獄をどれだけ見せられてしまったでしょう。

 

確かに借りた本人が一番悪いのかもしれませんが、そのようにあおって融資をする方も同罪です。

 

何しろ、「ギャンブルに使ってもいいですよ〜」と、耳元でささやいているんですからね。

 

もちろん大ぴらにそんなことは言えませんが、実際に、多くの人がパチンコや競輪、競馬などのギャンブルにそのお金を使っていることは紛れもない事実です。

 

そして、まんまと融資を受けてしまった債務者たちの行方は?
そう、ほとんどの人が破たんです・・・。

 

貸す方も、そんなリスクは百も承知。
それならそんな誘惑に引っかかってしまったほうとしても、債務整理に走ることは何もやましいことではないと思いませんか?

 

もし、貴方もギャンブルや浪費で大きな借金を作ってしまったとしても、とにかく、これ以上借金を膨らませることなく、一日も早く任意整理で人生をリセットすることを考えましょう。

 

※自己破産は、基本的にギャンブルの借金整理などは行えません)